国内産

砂抜き方法について

しじみは干潟と呼ばれている砂や泥で形成された場所に住んでいます。
つまり、砂を食べやすい場所に住んでいるので、砂を食べている物が沢山いるんです。
この砂を食べているしじみを実際に調理して食べようとすると思わずガリっという感覚を感じてしまいます。

砂をかむ感覚は不快感で、それ以上食が進まないという環境を作ってしまいます。
これではせっかくのしじみの美味しさを感じることができないので、凄く残念な気持ちになる方多いんです。
そうならないためには、正確な砂抜き法で砂を抜いていく必要があるんですよ。

では正確な砂抜き法を紹介していきます。
・しじみを洗い桶に入れて、水を入れていきます。
ポイントとして、洗いおけに入っているしじみがすべてつかる所まで入れていく対応があります。
・水につかっている状態で2~3回にかけてよく洗います。
ポイントとして、洗う度に水を入れ替えると砂抜きがしやすくなります。
・水を全て抜いた状態で、水切りをします。
ポイントとして、何回も水洗いしながら、ついてしまっている砂がないか確認する事があります。
・最後にしじみを洗い桶に入れて、綺麗な水を入れていきます。
ポイントとして、ここで真水と呼ばれる綺麗な水を使用すると、さらに状態をよく出来ます。

紹介しました砂抜き方法で対応する事で、しじみに含まれている砂を抜くことが出来ます。
砂抜きはしじみを美味しくするために欠かすことが出来ない作業なので、正確な対応をしていきましょう。
砂抜きの方法は正確な方法で対応しないと、砂自体が抜けていない事が多いので、料理して食べる時に不快感を感じる事になります。

しじみは砂抜きから始めるといわれているくらい重要なポイントなので、しっかり押さえて対応していきましょう。
また、砂抜きと同時にしじみの身を引き締めるために冷凍保存しておくと、さらに美味しく食べる事が出来ます。
冷凍保存した場合は、そのまま手間もなく使用する事が出来るんです。